Top >  冷えを防ぐ工夫 >  体をあたためる食事編

体をあたためる食事編

私達は日々食べることによって命をつないでいます

妊娠して、より食べ物に気をつかうようになりませんでしたか?

食べる物に気をつけることで、体を内側からあたためましょう


【体をあたためる食べ物】


冬野菜や寒い地方で採れる野菜

にらにんじんれんこんたまねぎかぼちゃ、など)は

体をあたためる効果があります


また、薬味としておなじみの、

ねぎしょうがにんにくなども体をあたためてくれます


また根菜類(特にごぼう)は

母乳の出を良くする効果も期待できます

お通じも改善してくれるので、一石二鳥ですね


これらの体をあたためる食事は、出産後の食生活でも

続けることが望ましいです


でも、産後は育児に忙しくて新しいレシピを覚えるのは大変

今から調理法をマスターしておくと

出産後の食事づくりにも役立ちますよ
  

調理するときのポイントは、生で食べるのではなく

火を通したりして、あたたかい状態で食べることです
 
あたたかいスープやお味噌汁、煮物などがよいですね


ただし、体をあたためる食品をとることは大切ですが、

そればかり食べていればよいというわけではありません


食生活は、バランスが大切ですね

体を冷やす食材も、あたためたり火を通したりして

おいしくいただきましょう


料理などで毎日気をつけるのは大変、というときは

下記のような飲み物で手軽に摂ることもできます


〜毎日飲みたい、ジンジャー・ティーの作り方〜


材 料


紅茶のティーバック、しょうがのすりおろし、はちみつ


作り方


@カップに熱いお湯を注ぎ、ティーバックを浸して約1分待つ


Aティーバックをカップから出し、しょうがのすりおろしを一つまみと、

 はちみつをいれる(甘さは好みで調節して下さい)

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【逆子の妊婦さんが見ている人気ページです】


逆子も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

冷えを防ぐ工夫

逆子になる理由のひとつに、
母体の冷えが関係しているのではないかと言われています。

逆子でなくとも、冷えは体のトラブルの元。
普段から冷えを防ぐ対策をしておきましょう。

関連エントリー

服装編
習慣編
体を冷やす食品編
体をあたためる食事編
体をあたためる栄養素編




逆子を直すための無料メールセミナー 妊娠8ケ月で逆子を直し無事出産したママが教える【逆子を直すための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録