Top >  冷えを防ぐ工夫 >  体を冷やす食品編

体を冷やす食品編

@冷たいものを摂らない


冬はもちろん、夏でも冷たすぎる飲み物は避けましょう


クーラーや冷たい食事で、夏のあいだ体を冷やしすぎると

冷え性を増進させるだけでなく、

秋になって疲れや肌荒れとなって出てきてしまいます


夏場どうしても暑い時は、

氷をひとつ口に入れて、ゆっくりなめて溶かします


口の中がさっぱりするので、つわりにも効きますよ


A飲み物にも注意


夏場は特にジュースやサイダーなど

炭酸飲料・清涼飲料水に注意!


冷えた液体が体を冷やすのはもちろん、

成分として含まれる合成甘味料などの添加物

精製された砂糖が、さらに冷えを招きます


冷えのダブルパンチ!

極力控えたいものです


B体を冷やす食品に注意


夏野菜や暑い地方で採れる野菜(トマトナスきゅうりなど)は

体を冷やすと言われています

摂りすぎに注意しましょう


でも、絶対に食べてはいけないというわけではありません

これらの野菜を食べるときは、火を通したりあたたかくして

食べればOKです


また、果物は全般的に体を冷やします

特に暑い地方で採れた果物は、よりその効果があるそうです


つわりの時などに、果物しか口に出来ないのであれば

我慢することはありませんが、

その分、服装などで体をあたためる工夫をしましょう

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【逆子の妊婦さんが見ている人気ページです】


逆子も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

冷えを防ぐ工夫

逆子になる理由のひとつに、
母体の冷えが関係しているのではないかと言われています。

逆子でなくとも、冷えは体のトラブルの元。
普段から冷えを防ぐ対策をしておきましょう。

関連エントリー

服装編
習慣編
体を冷やす食品編
体をあたためる食事編
体をあたためる栄養素編




逆子を直すための無料メールセミナー 妊娠8ケ月で逆子を直し無事出産したママが教える【逆子を直すための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録