Top >  冷えを防ぐ工夫 >  習慣編

習慣編

@足湯


ふくらはぎから下を暖める、「足湯」が効果的です

バケツなどに熱いお湯をはって、足首までつけます

時間は5〜10分程度。


お湯の温度は熱めが良いですが、自分のお好みで

我慢せずつけていられる程度の熱さが良いでしょう


お気に入りのアロマオイルを使えば、

気分もリラックス出来ますね(^^)


A半身浴


お風呂に入るとき、下半身だけをお湯につける「半身浴」という方法があります


熱いお湯に肩までつかる入浴方法ですと、一旦はあたたまったような

気がして、すぐにお風呂からあがってしまいます


しかし、それでは体の表面があたたまっただけで、

すぐに湯冷めしてしまうのです


半身浴はぬるめのお湯に長くつかることで、

体の芯からあたたまるのです

またこの方法だと、心臓や肺に負担がかかりません


半身浴をするときは、みぞおちから下をお湯につけます

腕はお湯につけません

ぬるめのお湯(37℃〜40℃)で、20〜30分つかります


お湯の温度は、夏場は低め、冬は高めに設定しましょう


冬場とても寒ければ、浴室をあたためてから行いましょう


あらかじめ少し熱めのお湯をいれ、湯船のふたをあけたまま

しばらく置くと浴室全体もあたたまります

シャワーなどで壁にお湯をかけてあたためる方法もあります


ただし、あまりあたためすぎると、入っているうちに

逆にのぼせてしまうので注意してください(^^;)


また、半身浴に慣れないうちは、立ちくらみに注意してください


湯船から立ち上がる時は、手をついてゆっくりあがりましょう

脱衣所が冷えていると、その気温差でめまいを起こすこともあるので

この点にも気をつけてください


B体を動かして血行促進


早産や流産の恐れのない妊婦さんなら、

妊娠中の体重コントロールのためにも、
 
適度な運動を心がけることが大切です


適度なペースで周りの景色を楽しみながら、

家の周りを30分くらい散歩すると良いですね


履きやすい靴で、防寒や避暑の対策をしっかりと

途中で気分が悪くなったり、お腹が張ったりしたときは

すぐに休みましょう


家の中でじっとしがちなこの時期、外の空気を吸うと

よい気分転換になりますね

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【逆子の妊婦さんが見ている人気ページです】


逆子も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

冷えを防ぐ工夫

逆子になる理由のひとつに、
母体の冷えが関係しているのではないかと言われています。

逆子でなくとも、冷えは体のトラブルの元。
普段から冷えを防ぐ対策をしておきましょう。

関連エントリー

服装編
習慣編
体を冷やす食品編
体をあたためる食事編
体をあたためる栄養素編




逆子を直すための無料メールセミナー 妊娠8ケ月で逆子を直し無事出産したママが教える【逆子を直すための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録