Top >  逆子の基礎知識 >  逆子だとどうしていけないの?@

逆子だとどうしていけないの?@

逆子はよくないって聞くけどなぜ?


初めて出産する妊婦さんなら、分からないことも多いですよね


週数の早いうちの逆子は、まだまだ赤ちゃんが

お腹の中で元気に動いていることもあり、他に何も異常がなければ

あまり心配はいりません


しかし、出産間近になっても逆子のままですと、

次のようなことが気がかりになってきます


@臍帯(へその緒)が下がりやすい


逆子の場合、一番重い頭が上になった姿勢となり、

子宮内部の下の方は、通常より空間のあいている状態となります

そのため子宮内で、臍帯が下がった状態になりやすいのです


ではどういった点が危険なのでしょう?


たとえば、臍帯が下がったまま破水したとします

その際、赤ちゃんの体が出るよりも先に

臍帯が外に出てしまいやすくなるのです


臍帯は、赤ちゃんが「おぎゃー」と泣いて、

肺呼吸が出来るようになるまで酸素を送り続けている

まさに大切な命綱です


臍帯が先に出てしまうと、赤ちゃんが低酸素状態となり、

危険な状態になってしまうからです


A破水しやすいため


頭位の場合、子宮口に近い位置に

赤ちゃんのがありますよね


ですが逆子の場合、赤ちゃんの姿勢によっては、

『ひざ』や『つま先』など、体の中の比較的細い部分が、

子宮口を刺激しやすくなりがちです


このため、逆子は破水しやすいと言われています


逆子で急に破水となると、赤ちゃんが危険な状態になります

破水かなと思ったら、すぐ病院へ行きましょう

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【逆子の妊婦さんが見ている人気ページです】


逆子も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

逆子の基礎知識

ここでは「逆子」とはどの様なものなのか
基本的なところから確認して行きましょう

関連エントリー

逆子の状態
どうして逆子になるの?
逆子だとどうしていけないの?@
逆子だとどうしていけないの?A
逆子だとどうしていけないの?B
逆子がなおりやすい時期




逆子を直すための無料メールセミナー 妊娠8ケ月で逆子を直し無事出産したママが教える【逆子を直すための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録