Top >  逆子の基礎知識 >  逆子だとどうしていけないの?B

逆子だとどうしていけないの?B

D出産時、頭が最後になり危険なため


出産の時、通常なら体の中で一番大きく、

またもっとも大切な部分の頭から出ることによって、

あとの体が通りやすく、危険も少ないと言えます


しかし逆子の場合は、

一番大切な頭が一番最後に出る

ことになってしまいます


こうなるとお産にも時間がかかります


また狭い産道を通る間、

お母さんの骨盤と赤ちゃんの頭に挟まれて、

へその緒が圧迫されてしまいます


こうなると赤ちゃんに、酸素が届きにくくなる

という危険性が考えられます


それが長く続くと赤ちゃんが低酸素状態となり、

仮死障害が残る可能性があります


逆子の場合、帝王切開の処置がとられるのは

これらの理由からです


ここまで読まれて、「逆子って怖いどうしよう」と、

より不安に思われたかもしれません


しかしこれらは、あくまで考えられる危険性の話であり、

すべての逆子が、これらのケースに当てはまるわけではありません


大切なのは、きちんとした知識を持ち

不意の変化にも、落ち着いて対応できるようにしておくことです


むやみに怖がらず、しっかり赤ちゃんを守れるよう、

準備しておきましょう

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【逆子の妊婦さんが見ている人気ページです】


逆子も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

逆子の基礎知識

ここでは「逆子」とはどの様なものなのか
基本的なところから確認して行きましょう

関連エントリー

逆子の状態
どうして逆子になるの?
逆子だとどうしていけないの?@
逆子だとどうしていけないの?A
逆子だとどうしていけないの?B
逆子がなおりやすい時期




逆子を直すための無料メールセミナー 妊娠8ケ月で逆子を直し無事出産したママが教える【逆子を直すための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録