Top >  逆子の基礎知識 >  逆子だとどうしていけないの?A

逆子だとどうしていけないの?A

B破水時に、危険な状態になりやすい


仮に破水した場合、赤ちゃんが頭位の状態ですと、

赤ちゃんの頭が子宮口に栓をしてくれる形となります


これは羊水が出てしまうのを防ぐはたらきがあります

また臍帯が先に出てしまわないようにもなります


しかし、逆子の場合はそれが出来ないため、

羊水が出てしまいやすくなります


羊水が先にでてしまうと、細菌感染のおそれがあります


また臍帯が先にでてしまうと、酸素が送られにくくなり

赤ちゃんが低酸素状態に陥りやすくなってしまいます


これらのことから、逆子の状態で急に破水をすると

危険だと言われているのです


破水かなと感じたら、すぐ病院へ行きましょう


C難産になりやすい


通常の、頭から出てくる出産では、

赤ちゃんの頭が子宮口を押し広げてくれることによって、

陣痛が促進されます


また、赤ちゃんの体の中で頭が一番大きいため、

頭が先に産道を通ることにより、道を広げ

あとの体の部分が通りやすくなるのです


しかし逆子の場合には、頭よりも小さい部分が

先になってしまうため、陣痛がおこりにくく

難産になりやすいのです


難産になると、お母さんにとっても

赤ちゃんにとっても大きな負担となります


ただし、逆子の場合でも臀位など、

赤ちゃんの姿勢によっては、

経膣分娩で出産できる場合もあります


出産の方法については、医師とよく相談しましょう

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【逆子の妊婦さんが見ている人気ページです】


逆子も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

逆子の基礎知識

ここでは「逆子」とはどの様なものなのか
基本的なところから確認して行きましょう

関連エントリー

逆子の状態
どうして逆子になるの?
逆子だとどうしていけないの?@
逆子だとどうしていけないの?A
逆子だとどうしていけないの?B
逆子がなおりやすい時期




逆子を直すための無料メールセミナー 妊娠8ケ月で逆子を直し無事出産したママが教える【逆子を直すための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録