Top >  逆子の基礎知識 >  逆子がなおりやすい時期

逆子がなおりやすい時期

逆子です」と言われると、とても不安になりますね

ですが逆子と診断された週数によっては、

まだそれほど心配はいりません


妊娠28週頃までは、赤ちゃんがまだ小さく、

お腹の中で活発に動き回れるため、

全体の50%の赤ちゃんが逆子だと言われています


28週を過ぎると、だんだん大きく成長するにつれ

頭が重たくなってくるので、自然と頭を下にした姿勢となります

そして、そのままの状態でとどまることが多いようです


ですから、28週〜30週までがなおりやすい時期だと言えます


妊婦さん自身が感じる胎動でも、

お腹を蹴られる位置によって、

赤ちゃんの姿勢を判断することが出来ます


お腹の上の方をよく蹴られる感触があるなら

「頭位」と考えられます。大丈夫です


下腹部のあたりを蹴られるようなら、

逆子」の可能性があります


逆子のままですと、特に心配なのは

自然分娩ができるか?帝王切開にならないか?

という点ですね


しかし、あまり心配はいりません


出産の時まで逆子なのは全体の3%〜5%といわれています

何もしなくても自然に治ることも多いのです

くよくよするのはかえって良くありませんね


あせらず、「おつむが下よ、一緒にがんばろうね」と

赤ちゃんに話かけて、出産の日を待ちましょう

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【逆子の妊婦さんが見ている人気ページです】


逆子も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

逆子の基礎知識

ここでは「逆子」とはどの様なものなのか
基本的なところから確認して行きましょう

関連エントリー

逆子の状態
どうして逆子になるの?
逆子だとどうしていけないの?@
逆子だとどうしていけないの?A
逆子だとどうしていけないの?B
逆子がなおりやすい時期




逆子を直すための無料メールセミナー 妊娠8ケ月で逆子を直し無事出産したママが教える【逆子を直すための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録