Top >  逆子の基礎知識 >  逆子の状態

逆子の状態

逆子」って、どういうことを言うんでしょう?


赤ちゃんはお腹の中では、頭を下にしている状態が

普通とされています


これを「頭位とうい)」と言います

これは出産の時、狭い産道を通るのに、

頭から出た方が通りやすいためです


また、出産の際へその緒が圧迫されにくいので

安全だからだと言われています


ですから胎児の場合、「逆子」というのは逆さまの反対、

つまり頭が上で、足が下になっている状態をいいます


一口に「逆子」と言っても、その状態は様々で、

大きく分けて6つの姿勢に分けられます


@単殿位(たんでんい)


おしりが産道のほうを向いており、

体を2つに折りたたんだような姿勢


A複殿位(ふくでんい)


膝を曲げ、体育座りをしている様な姿勢

片足を上げている状態は不全複殿位という


B膝位(しつい)


膝を曲げていて、膝が産道の方を向いている姿勢

両膝が揃っていれば全膝位

立て膝のように片足を立てていれば不全膝位という


C足位(そくい)


膝が伸びていて、足先が産道の方を向いている姿勢

両足が伸びていれば全足位

片足が曲がっていれば不全足位という


D横位(おうい)


体が横になっており、子宮口をふさぐ形になっている姿勢


E斜位(しゃい)


子宮の中で斜めになっている姿勢


一般に、番号が若いほど経膣分娩しやすいと言われていますが、

お産の途中で姿勢が変わることもあります

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【逆子の妊婦さんが見ている人気ページです】


逆子も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





         

逆子の基礎知識

ここでは「逆子」とはどの様なものなのか
基本的なところから確認して行きましょう

関連エントリー

逆子の状態
どうして逆子になるの?
逆子だとどうしていけないの?@
逆子だとどうしていけないの?A
逆子だとどうしていけないの?B
逆子がなおりやすい時期




逆子を直すための無料メールセミナー 妊娠8ケ月で逆子を直し無事出産したママが教える【逆子を直すための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録